薬剤師は新人の1年目で退職するのは大丈夫?実際に辞めた人の退職理由や後悔している割合、転職の結果など

薬剤師の1年目は多くの知識や技術を身につけ、薬の専門家としての将来にも影響する非常に重要な期間です。

しかし実際に就職し働き始めると、以下のような理由から薬剤師の1年目で苦労をするケースも少なくありません

・職場の人間関係が固定されやすく、性格が合わない人がいると働きにくい

・1年目は職場の中でも力関係が非常に弱く、自分の意見を言いにくい

・職場で関わる人数が多くないため、自分の成長が上司や先輩の力量に左右されやすい

上記のような点はすぐに解決することは難しく、結果として1年目で退職する薬剤師も少なくありません。

今回の記事では実際に1年目で辞めた経験のある薬剤師17人に対して、  退職理由や退職後の問題、後悔しているかや転職先の探し方などのアンケート結果をまとめました。

1年目で退職するか悩んでいる場合など、自分の状況が他の人と比べてどうなっているか等も含めて参考にしてください。

目次

1年目での退職理由

1年目の退職理由として最も多い回答は「人間関係の不満」(82.3%)でした(2023年8月 クラウドソーシングによるアンケート調査)。

主な回答の詳細は以下のとおりです。

<人間関係の不満>
女性が多い職場で陰湿な陰口が多くてそれを毎日聞いていて嫌になった
(東京都/女性/調剤薬局)

<人間関係の不満>
上司がきつい人で、私がよくしかられ、嫌な思いをして仕事が続けられなかったです。
 (山口県/女性/病院)

<勤務時間やシフトの不満>
大手のドラッグストアで店舗が多かったため他店舗への応援が月の半分以上を占めていた。
(愛知県/男性/ドラッグストア)

一般的に調剤薬局やドラッグストア、一般的な病院の薬剤部などは上司や同僚の人数も多くないことが多いため、人間関係が固定されやすく、不満が募るケースも少なくありません

新人に対する接し方も個人の裁量になってしまう場合も多く、退職理由としても最も多いのが人間関係です。また、女性が多い場合も多く陰口などを聞かされるケースもあり、今回のアンケートの回答でも見られました。

他にも、病院やドラッグストアなどは特に勤務時間やシフトが大変な場合も多く、退職理由で二番目に多い結果となっています。

辞めた後に問題になったことは?

最も多い回答は「特に問題になることはなかった」(70.6%)であり、続いて「転職先で経験や技術が不足していると感じた」でした(17.6%)。 主な回答の詳細は以下のとおりです。

<特に問題になることはなかった>
履歴書に3ヶ月しか勤めていない事実を書くことに不安を感じていましたが、質問された時に正直に話したら特に問題にされなかったので良かったです。
(埼玉県/女性/ドラッグストア)

<転職先で経験や技術が不足していると感じた>
1年目での転職になると、まず基礎的な知識が不足しており、前職での知識が全てでまた新たに覚え直すのに苦労しました。処方も違うので勉強の毎日でした。
(兵庫県/男性/調剤薬局)

<給料が下がった>
今の職場で前の職場の事を聞かれ、続けた期間が少なかったので給料が思ったほど今ももらえていません。
(山口県/女性/病院)

1年目の転職では、次の職場でうまくやれるか心配になるケースも多いですが、実際には7割の人が「特に問題になることはなかった」という回答でした。

一方、問題があったというパターンでは、最も多いのが「転職先で経験や技術が不足していると感じた」という回答でした。やはり薬剤師として働く上で重要な部分であるため、この点については一定の覚悟はあった方が良いでしょう。

その他の意見として「給料が下がった」など少数ながらも見られました。

辞めて良かった?後悔している?

後悔しているという回答は一人のみ(5.9%)であり、大多数の人が辞めて良かったという回答でした。 主な回答の詳細は以下のとおりです。

<辞めて良かったと思う>
転職したら人間関係が良くなってみんないい人だったのでよかったです。
(東京都/女性/調剤薬局)

<辞めて良かったと思う>
想定していたよりもスムーズに転職先が決定し、転職してからは、ちゃんとした労働環境で働くことができたため、よかったと思っている。
(兵庫県/女性/病院)

<辞めたことを後悔している>
上司のパワハラを病院の管理部に告発し、上司はクビになったので病院を辞めることはなかった。うつ病がきつければしばらく休職する選択肢を知らなかった。
(沖縄県/女性/病院)

「辞めて良かったと思う」という人では転職することで人間関係や環境が良くなったといった回答が多くみられました。新人だと簡単に辞めて良いのか躊躇してしまうことが多いですが、何度も悩んだ末に出した結論であれば後悔するケースはほとんどないと言えそうです。

一方で、「辞めたことを後悔している」という回答の詳細では、結果的に上司がいなくなったのでやめる必要はなかったという内容でした。あまり多いパターンではないかもしれませんが、問題となる人物が明らかな違法行為などをしている場合は、少し留まることを考慮しても良いかもしれません。

次の転職先はどうやって探した?

最も多かったのは「転職サイトを利用」(58.8%)であり、「ハローワークを利用」(17.6%)が続く結果となりました。

近年は専門職専用の転職サイトも増えており、薬剤師も例外ではありません。

無料で利用することができ、電話やインターネットを活用して自宅などで進めることができるため、転職活動では転職サイトを利用することが一般的となっています。

薬剤師の転職サイトは何を使うべき?

  転職サイトを利用した薬剤師20人へのアンケートでは、最も利用者が多いサイトはマイナビ薬剤師(45%)という結果になりました。(2023年3月 クラウドソーシングによるアンケート調査)。

マイナビ薬剤師の口コミや特徴

良かった点の感想の例

※収集した感想の一部を掲載しています。

求人数が多いため、調剤薬局、ドラッグストア含めいろいろな会社を紹介してもらえた。親身に相談に乗ってもらえた。(千葉県/女性/調剤薬局→ドラッグストア)

細かく連絡を取り、こちらの状況を理解してくれる点はメリットだと思う。また、履歴書や職務経歴書等も自身が伝えた情報に沿って作ってくれるため働いている中での転職活動はやりやすかった。(東京都/女性/調剤薬局→別の調剤薬局)

自分の条件に合った紹介をしてもらえた事。休みの取りやすさや給料など聞きづらいことも確認してもらえた事。 (静岡県/女性/調剤薬局→別の調剤薬局)

イマイチだった点の感想の例

※収集した感想の一部を掲載しています。

転職サイトの担当の人が頻繁に電話をかけれ来ることが少し嫌でした。自分が仕事を探している時期はありがたいのかもしれませんが、それ以外の時期は少し嫌でした。(女性/調剤薬局→別の調剤薬局)

気になった点は特になかったですが、あえてあげれば、その他のサイトもそうかもしれませんが、転職後のフォローがなかったこと。(千葉県/女性/調剤薬局→ドラッグストア)

住んでいる所が田舎なので、どうしても求人が少ない事が悩みです。でも、それは仕方ない事だと思っています。 (熊本県/女性/調剤薬局→ドラッグストア)

主な特徴

サイト名 マイナビ薬剤師
運営会社 株式会社マイナビ
求人の施設形態 調剤薬局、ドラッグストア、病院、クリニック、企業 等
非公開求人の有無 あり
主なサイトコンテンツ 転職ノウハウ、転職お役立ちガイド、求人ランキング など
・今回のアンケートで最も利用者が多かった転職サイト

・マイナビの薬剤師版であり高い安心感がある

・調剤薬局、ドラッグストア、病院など定番の施設形態はもちろん、大手のサイトであるため企業系などの比較的レアな求人も取り扱っている

・他の転職サイトと同様、利用開始すると一定の頻度で連絡が来るようになるため、希望する連絡の手段や避けたい時間帯などは、初回の電話面談などで伝えとくのがベター

※利用料金等はかからず無料での利用が可能です。
※退会したくなった場合は退会申請フォームから可能です。


目次
閉じる